いきいき人生
ライフ・アクト

山陽新聞(06年12月16日)

岡山県玉野市の後閑小学校での演奏(2006年12月4日)が記事になりました。


【全文紹介】

子どもたちに普段とは違う音楽を味わってもらおうと、後閑小(吉田敏之校長)で四日、風鈴演奏家吉田慎さん(38)=神奈川県=のコンサートがあり、全校児童ら約120人が、風鈴の奏でるやさしい音色を堪能した。
吉田さんが、"風鈴の町"として有名な愛知県旭町小渡地区のテーマ曲「はるかな空」や、「アメイジング・グレイス」「きよしこの夜」のアレンジ曲など十四曲を披露。児童らは、草原に吹く風や木々が生い茂る森をイメージしたヒーリングミュージックと、それぞれ音の違う二十五の風鈴が織りなす幻想的なメロディーにうっとり。瞳を閉じて聞き入った。
2年生22人が図工の時間に作った風鈴で"共演"する場面も。2年の松井あいさん(七つ)と池丙祐佳子さん(ハつ)は「ちょっと眠くなっちゃうぐらい気持ちいい音楽だった」と話していた。


« 「小学六年生」11月号 | メイン | 市民かわら版 »



コメントを投稿する
(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lifeact.jp/mt/mt-tb.cgi/543

 Today  Yesterday

This Home Page is Produced by Life Act
Mail info@lifeact.jp