« 床下収納でスッキリ!軽ワゴンで抜群の収納力をつける方法とは | メイン | 自作!日本庭園(箱庭)づくり 低予算で案外簡単!? »


お寺や古民家で見かけるつくばい。

石屋さんで売っていますが、高価で非常に重い!運べない!!

「安くて軽いつくばいが欲しい!」

そこで自作つくばい作りがスタートしました。

基礎となるのは「素焼きの植木鉢」を使用。ホームセンターで1500円。約4キロの重さです。

植木鉢はつくばいの下半分で、上部分は金網(ホームセンターで2m700円)で成型しました。

金網だけだと変形するので、間にダンボールを入れます。

ベースの形ができたところで、防水モルタルで固めていきます。

・防水モルタル10キロ1000円×3袋
・モルタル着色剤500円

モルタルと着色剤をほどよく混ぜて、石(つくばい本来)の風合いがでるように配合。

植木鉢の底穴をうまく活用して、竹筧から水が循環する仕組みをつくります。

循環用に3Wポンプ(Amazonで500円)を使用。

乾かしながら制作したので制作期間は3日。

つくばいの重さは約30キロになりました。
大人の男性でしたらなんとか運べる重さです。

通常のつくばいは男性2人でも運べないほどとっても重いので、それに比べたら軽いつくばいになりました。

実際に動画でわかりやすく解説しています。字幕ONにしてご覧ください。


Page Top