« 【本格・流しそうめん】京都の森で楽しむ!竹切りから食すまで | メイン | 自作ウッドデッキ(和風)づくり!10名ゆったりと展望を楽しみたい! »


日本の冬はやっぱり火鉢。
火鉢にぴったりなテーブルなんて入手困難。
(火鉢自体が定形ではないので当たり前ですが。)
だったら自作しようとカナヅチを手に取りました。
侍犬も応援してくれています。

その工程をご覧ください。

1×4(ツーバイフォー)の板を2枚(約600円)で制作しました。

火鉢にあった六角形テーブルを制作する際の計算式は以下のサイトが便利です。
https://is.gd/lrDjDR

侍犬も応援(邪魔?)してくれます。

テーブル部分を切って余った部分で足をつくります。

繋げあわせて

すべて固定。

実際に部屋に置いてみます。

火鉢を中に入れて、

完成。火鉢がピッタリ収まりました。

後日、塗料を塗りました。

こんな感じで料理を置けます。

朝食風景。

ウッドデッキでも良い雰囲気です。

実際に動画でわかりやすく解説しています。字幕ONにしてご覧ください。



Page Top