« 自作つくばい蹲・モルタルで安価で軽いものが完成 | メイン | 【本格・流しそうめん】京都の森で楽しむ!竹切りから食すまで »


ウッドデッキ完成から気になっていた隣の空地。

晩酌しながら愛でる景色をつくるべくミニ日本庭園(箱庭)づくりをおこないました。

その様子をご覧ください。

引っ越した当初、ここはハーブ畑でしたが、ハーブをすべて引っ越しして、空地に戻しました。

まず空地に除草シートを敷きました。緑色で目立ちません。

シートは10mで約2000円です。

箱庭とウッドデッキの間には靴を脱ぐスペースにしました。

セメント(2袋1000円)で固めました。

これで10名の靴が置けます。

側面には枕木(いただきもの)を置きます。

そして庭の周りには山の岩を砕いて並べます。

防草シートの上に砂利を敷き詰めます。2色に分けました。

これで10キロ350円を10袋使用。

竹垣作り。

緑のフェンスを隠して和のフェンスにします。

家に5日間滞在していたアメリカ人もお手伝いして完成。

照明を取り付けます。

電球色のLED投光機10W(ハロゲンランプ100W相当)
Amazonで1500円で購入できます。

こんな雰囲気の日本庭園が完成しました。

その後、つくばいを設置しましたので次のページをご覧ください。
自作つくばい蹲・モルタルで安価で軽いものが完成

実際に動画でわかりやすく解説しています。字幕ONにしてご覧ください。


Page Top