« 【京都で話題の犬】外国観光客のアイドル犬・侍犬正宗のお仕事とは・・・ | メイン | 自作つくばい蹲・モルタルで安価で軽いものが完成 »


演奏用機材をなるべくスッキリと収納したい。

色々検討した結果、床下収納をつくりました。

その収納力をご紹介します。

軽ワゴンの場合、天上に収納する人もいますが、
車内は極力スッキリしたいので床下収納を選択。

底を上げても、座って天上にぶつからず窮屈にならない高さにしました。その高さは15センチです。

材料はホームセンターでおよそ5000円。
コンパネと1×4板で制作しました。

苦労したのは底が平らでは無いこと。
それぞれの部分で足の高さが違います

制作時間は約2時間かかりました。

床にはカーペットを貼り付けました。

スッキリです。

後部座席部分は床を外すことができます。

45リットルのボックスを2つ格納。

ボックスの間にはサブバッテリーが格納されています。

では床下にどのくらい収納できるか見ていきます。

最初は必須のゆったり折りたたみ椅子2つ。

次に仕事でつかうスタンド関係。

これも仕事でつかう楽器A、

楽器B。

結構入れましたが、まだ余裕が少しあります。

床の上のスペースはこんな感じです。

170センチですが足部分にゆとりがあります。

セミダブルサイズの広さ。

座っても天上にはぶつからず快適です。

実際に動画でわかりやすく解説しています。字幕ONにしてご覧ください。


Page Top