世界で一人プロの風鈴演奏家 日向真は

14枚の風鈴CDの販売日本各地で年間100回以上の風鈴演奏会を開催しています。


京都・風鈴ハウス「風処」ニュース

◇風鈴ハウスは京都駅から車で10分。東山山頂にあり、貸切風鈴コンサートやピザ食べ放題等ができます。

◇修学旅行を計画中の先生方へ


























ひなた最新日記
【過去の日記を見る】

風鈴演奏家Q&A
風鈴演奏会の感想
風鈴CDの感想
風鈴づくり&一緒に演奏
本格的風鈴セミナー
風のように
風鈴関連ニュース
江戸風鈴のふるさと
参加治療院
いやしリンク

気軽にお問合せ

◎氏名(又は会社名)


◎メールアドレス(「迷惑メール解除設定」をしてください。)


◎電話番号


◎問い合わせ内容
出張風鈴演奏会
風鈴イベントのプロデュース
京都修学旅行演奏
学校・企業での講演演奏
メディア取材
その他


メール確認後に返信させていただきます。

Email 上記フォームからお問い合わせ下さい。
障害者アートの祭典前に 表現の喜び、奏でる風鈴 名古屋できょうから(愛知) (2016年12月 8日)


 障害者アートの祭典「第16回全国障害者芸術・文化祭あいち大会」が開幕するのを前に、主会場となる名古屋市東区の愛知芸術文化センターでは3日、美術・文芸作品展の一部が始まる。本番は9~11日、同市栄地区6会場で開かれる。障害を持つ人たちの感性が紡ぎ出す美術や文芸、舞台など、バラエティーに富んだ芸術表現が展開される。

 美術・文芸作品展では、県内六つの障害者支援施設と県立芸術大が共同制作した風鈴150個をスズランの花のように集めたオブジェが登場。会場ドアの開閉などで緩い風が吹けば、風鈴は小さく揺れ、個性豊かな音を響かせる。陶芸指導とデザインを担当した佐藤文子准教授は「形や色、奏でる音も違って、一つ一つに物語がある。創作する楽しさが伝わる作品になった」と話す。

 大会は厚生労働省や県などでつくる実行委員会主催。全国から集まった絵画や陶芸、書道など、過去最多の約800点を展示する。他に歌やダンスなどのステージ発表や、約100人のオリジナル舞台「親指王子」の上演もある。芸術・工業系の大学や企業と連携した展示や体験イベントも多い。実行委では「表現する喜びに共感してもらえたら、障害への理解が深まるはず」と来場を呼びかける。

 入場無料。手話講習を受けたボランティアガイドが各所に配置される。問い合わせは、実行委事務局(052・954・6697)。


HOME > 風鈴関連ニュース >

« 「MYOCHIN」って何? 日本刀に火箸風鈴…兵庫・姫路の鍛治師・明珍家の歴史紹介 | メイン | 明珍宗理氏 『文化庁長官表彰』を受賞 鍛造技術保存と伝承に寄与/兵庫 »










癒しの最新情報

風鈴ミュージックのダウンロード販売をしています。


クレジットにも対応。すぐにダウンロード出来るので、パソコン・iPod・携帯電話等で楽しんでください。

↓クリック


Free Music Downloads