世界で一人プロの風鈴演奏家 日向真は

14枚の風鈴CDの販売日本各地で年間100回以上の風鈴演奏会を開催しています。


京都・風鈴ハウス「風処」ニュース

◇風鈴ハウスは京都駅から車で10分。東山山頂にあり、貸切風鈴コンサートやピザ食べ放題等ができます。

◇修学旅行を計画中の先生方へ


























ひなた最新日記
【過去の日記を見る】

風鈴演奏家Q&A
風鈴演奏会の感想
風鈴CDの感想
風鈴づくり&一緒に演奏
本格的風鈴セミナー
風のように
風鈴関連ニュース
江戸風鈴のふるさと
参加治療院
いやしリンク

気軽にお問合せ

◎氏名(又は会社名)


◎メールアドレス(「迷惑メール解除設定」をしてください。)


◎電話番号


◎問い合わせ内容
出張風鈴演奏会
風鈴イベントのプロデュース
京都修学旅行演奏
学校・企業での講演演奏
メディア取材
その他


メール確認後に返信させていただきます。

Email 上記フォームからお問い合わせ下さい。
甲冑師・明珍家の特別展 時代を超えて技術継承・明珍風鈴も 姫路・圓山記念日本工藝美術館(兵庫) (2016年11月 2日)


 甲冑(かっちゅう)師の家系を引き継ぐ明珍家の歴史や取り組みを紹介する特別展「MYOCHIN 伝統の継承と新たな飛躍」が、姫路市西今宿の圓山(えんざん)記念日本工藝美術館で開かれている。過去の明珍家による武具から文献資料、人気の「明珍火箸」まで約90点が飾られている。12月4日まで。

 明珍家は平安時代に起き、甲冑の名品を生み出してきた鍛冶師の家系。戦国時代に明珍家の甲冑は名を馳せ、江戸時代には、全国に子孫が移り住んだ。だが、明治に入り、武具の需要が減り、姫路の明珍家は火箸生産に本腰を入れた。戦後は現当主の宗理さん(74)が、火箸がふれ合い澄んだ音を奏でる「明珍火箸風鈴」を考案し、時代を生き抜いてきた。現在は姫路市伊伝居の明珍本舗で伝統は引き継がれている。

 展示では、鉄を鍛え、入魂の作品を作り続けてきた明珍家の伝統と美学がうかがわれる。同市夢前町に鍛刀場を開設した次男、宗裕さん(42)の日本刀にも目を奪われる。デザイン性の高い鉄製火器、チタン素材の火箸風鈴など現代的な作品も並ぶ。宗理さんと共に火箸などを作る三男、敬三さん(40)は「時代の変化に適応し、現代に技術を継承した姿を多くの人に見てほしい」と話す。

 午前10時~午後5時開館。毎週月曜休館。観覧料は大人600円、大学・高校生500円、中・小学生300円。問い合わせは同館(079・292・3433)。


HOME > 風鈴関連ニュース >

« 有田一番館、多彩に有田焼風鈴400個展示(佐賀) | メイン | 火箸風鈴 世界救う音・舞台バイオハザートで小道具(兵庫) »










癒しの最新情報

風鈴ミュージックのダウンロード販売をしています。


クレジットにも対応。すぐにダウンロード出来るので、パソコン・iPod・携帯電話等で楽しんでください。

↓クリック


Free Music Downloads