世界で一人プロの風鈴演奏家 日向真は

14枚の風鈴CDの販売日本各地で年間100回以上の風鈴演奏会を開催しています。


京都・風鈴ハウス「風処」ニュース

◇風鈴ハウスは京都駅から車で10分。東山山頂にあり、貸切風鈴コンサートやピザ食べ放題等ができます。

◇修学旅行を計画中の先生方へ


























ひなた最新日記
【過去の日記を見る】

風鈴演奏家Q&A
風鈴演奏会の感想
風鈴CDの感想
風鈴づくり&一緒に演奏
本格的風鈴セミナー
風のように
風鈴関連ニュース
江戸風鈴のふるさと
参加治療院
いやしリンク

気軽にお問合せ

◎氏名(又は会社名)


◎メールアドレス(「迷惑メール解除設定」をしてください。)


◎電話番号


◎問い合わせ内容
出張風鈴演奏会
風鈴イベントのプロデュース
京都修学旅行演奏
学校・企業での講演演奏
メディア取材
その他


メール確認後に返信させていただきます。

Email 上記フォームからお問い合わせ下さい。
研究の現場から:風鈴の映像、揺らすと音が /四国 (2015年6月16日)


 スクリーンに映し出された映像ののれんや風鈴にうちわであおいで風を送ると、風の動きを感知してのれんが揺れたり、風鈴が鳴ったりするシステム「すくえあ『SCREEN feels AIR.』」を、香川高専詫間(香川県三豊市)情報工学科5年の山崎啓太さん(19)ら5人のグループが開発した。4月に東京で開催された日本マイクロソフト主催の学生向けITコンテスト「イマジンカップ2015日本大会」で最優秀賞に選ばれた。7月末に米国のシアトルで開かれる世界大会に日本代表として出場する。

 「風を使ってコミュニケーションがとれないか」とアイデアがひらめき、昨春から山崎さんと金子高大さん(19)▽瀧下祥さん(19)▽東山幸弘さん(19)▽山下昴太さん(20)の5人で開発に取り組んだ。システムの仕組みはスクリーンの裏に、磁石の付いた格子状のフィルムのセンサーを設置。風を受けるとセンサーが風を受けた場所、風圧のデータを感知。データを基に、スクリーン上ののれんが実際に風にあおられる動きを見せる。

 一番苦労したのは「センサーのハンダ付け作業」。基板に細かくきれいに付けないと正確なデータが得られないためだ。山崎さんは「最初は手探り状態。5人がソフト、ハード製作に分かれ、チームワークで取り組んだ。先輩や後輩にも手伝ってもらい約半年で完成することができた」と振り返る。このシステムがゲームや医療、広告などに生かせないかと研究を進めている。


HOME > 風鈴関連ニュース >

« 20日から大川内山風鈴まつり 「秘窯の里」涼やか | メイン | 夏の風物詩「風鈴フェスタ2015」開催(千葉県佐倉) »










癒しの最新情報

風鈴ミュージックのダウンロード販売をしています。


クレジットにも対応。すぐにダウンロード出来るので、パソコン・iPod・携帯電話等で楽しんでください。

↓クリック


Free Music Downloads