世界で一人プロの風鈴演奏家 日向真は

14枚の風鈴CDの販売日本各地で年間100回以上の風鈴演奏会を開催しています。


京都・風鈴ハウス「風処」ニュース

◇風鈴ハウスは京都駅から車で10分。東山山頂にあり、貸切風鈴コンサートやピザ食べ放題等ができます。

◇修学旅行を計画中の先生方へ


























ひなた最新日記
【過去の日記を見る】

風鈴演奏家Q&A
風鈴演奏会の感想
風鈴CDの感想
風鈴づくり&一緒に演奏
本格的風鈴セミナー
風のように
風鈴関連ニュース
江戸風鈴のふるさと
参加治療院
いやしリンク

気軽にお問合せ

◎氏名(又は会社名)


◎メールアドレス(「迷惑メール解除設定」をしてください。)


◎電話番号


◎問い合わせ内容
出張風鈴演奏会
風鈴イベントのプロデュース
京都修学旅行演奏
学校・企業での講演演奏
メディア取材
その他


メール確認後に返信させていただきます。

Email 上記フォームからお問い合わせ下さい。
涼しげな音色、越前焼の風鈴 越前市の窯元で制作始まる (2015年5月16日)


 福井県越前市大虫本町の「宗山窯」で越前焼の風鈴作りが始まった。小浜市で最高気温が28・1度となるなど県内各地で夏日を記録した13日、ろくろ場には陶風鈴の織りなす優しい音色が響いていた。

 風鈴作りは、越前焼に親しんでもらおうと同窯の2代目窯元宗倉克幸さん(45)が10年ほど前から取り組んでいる。

 粘土を練り、指や細い木の道具を使って厚さ2ミリ以下の風鈴の形を作り、穴などを開けた後にガス窯で焼く。宗倉さんは「100個あったら音色は100種類。音も含め、越前焼の良さを感じてもらえれば」と話す。

 越前焼らしい素朴な作品に加え、グレーや青の釉薬(ゆうやく)を塗った作品もある。宗倉さんが製作に取り組む中、越前和紙の短冊が風を受けて揺れ、「ちりん、ちりん」と涼しげなを音を響かせていた。

 作業は7月末まで続き、約500個製作する。23~25日に同県越前町小曽原の越前陶芸村で開かれる越前陶芸まつりでも販売する。


HOME > 風鈴関連ニュース >

« 映画「深夜食堂」に小田原風鈴が登場 | メイン | 土佐備長炭:「キーン、キーン」土佐の夏音 風鈴、涼運び人気 室戸 /高知 »










癒しの最新情報

風鈴ミュージックのダウンロード販売をしています。


クレジットにも対応。すぐにダウンロード出来るので、パソコン・iPod・携帯電話等で楽しんでください。

↓クリック


Free Music Downloads