世界で一人プロの風鈴演奏家 日向真は

14枚の風鈴CDの販売日本各地で年間100回以上の風鈴演奏会を開催しています。


京都・風鈴ハウス「風処」ニュース

◇風鈴ハウスは京都駅から車で10分。東山山頂にあり、貸切風鈴コンサートやピザ食べ放題等ができます。

◇修学旅行を計画中の先生方へ


























ひなた最新日記
【過去の日記を見る】

風鈴演奏家Q&A
風鈴演奏会の感想
風鈴CDの感想
風鈴づくり&一緒に演奏
本格的風鈴セミナー
風のように
風鈴関連ニュース
江戸風鈴のふるさと
参加治療院
いやしリンク

気軽にお問合せ

◎氏名(又は会社名)


◎メールアドレス(「迷惑メール解除設定」をしてください。)


◎電話番号


◎問い合わせ内容
出張風鈴演奏会
風鈴イベントのプロデュース
京都修学旅行演奏
学校・企業での講演演奏
メディア取材
その他


メール確認後に返信させていただきます。

Email 上記フォームからお問い合わせ下さい。
涼呼ぶ風鈴 吹きガラス鮮やか 朝日『なないろKAN』(富山) (2007年6月19日)


 涼を呼ぶ吹きガラスの風鈴が十六日、朝日町横水の交流体験施設「なないろKAN」にお目見えした。風に揺れ、澄んだ音色が来館者を楽しませている。

 風鈴は館内の硝子(がらす)工房スタッフ、小澄正雄さん(27)と坂田裕昭さん(34)による手作り。四月下旬から制作に取りかかり、これまでに約百個を完成させた。

 同じ形の作品はなく、音色も一つ一つ微妙に異なるのが自慢。球やしずく、卵の形をはじめ、ひょうたんやチューリップの花を連想させる風鈴がつるされている。

 色合いや模様もさまざま。青や緑、オレンジ色を帯びたガラスをはじめ、透明ガラスに流れるような模様で色づけされた作品もある。温度加減で表面にざらめ状の模様を浮き出させた作品は、和風の趣が漂う。

 内部にガラス棒をつるし、短冊を付けて仕上げた。短冊は今年から、町内に伝わる「蛭谷(びるだん)和紙」を使って高級感を醸し出した。小澄さんは「新しいスタッフが加わり、昨年までとは違う作風の新作も楽しめます」と話している。

 「なないろ手吹き風鈴」と銘打ち、十六日から一個二千円から四千円で売り出した。問い合わせは、なないろKAN=電話0765(83)3700=へ。


HOME > 風鈴関連ニュース >

« 蒸し暑い夏に「涼」を-栗林公園で風鈴展示 | メイン | 越前焼の風鈴作りピーク 陶芸作家の巧みな手さばき【福井】 »










癒しの最新情報

風鈴ミュージックのダウンロード販売をしています。


クレジットにも対応。すぐにダウンロード出来るので、パソコン・iPod・携帯電話等で楽しんでください。

↓クリック


Free Music Downloads